備えあれば憂いなし(シミュレーションの大切さ)

今回の重積発作で感じたこと。

いまさらながら…、発作が起きたときにどうするか父母に口で言って説明するのではなく、一緒にきちんとシミュレーションをするのが本当に大切なんだと実感。

実家近くの獣医さんは、東京の最先端の設備を持つ大きな病院とは違って、できることが限られている。日ごろ、何かあったときに、どこの病院に連れて行ったらよいか父母は自分たちで探したと言っていた。…が、実際はきちんと探せてはいなかった。「あそこ良いみたいよ」という話を知り合いに聞き、それで知ったと思い込んでいた。入り口まででも行ったこともない。

今回は、うさぎの発作が止まらなく、私も動物病院を調べている場合ではなかったので、いつも実家の猫ちゃんを診ていただいている獣医さんに連絡をした。

実家の近くの動物病院は獣医師がお一人、看護師さんがお二人という体制。急患として診ていただいても、他の患者さんを待たせているわけだから、少しでも落ち着いたらそちらの診察へ。うさぎが「壊死性髄膜脳炎」ということでテキストを見ながらの診察。普段行っている病院名を聞き、ちょっと尻込み。止まらない発作や遊泳運動に、先生ご自身、少し動揺されてしまっていた。

いつもの病院は道路が空いていれば実家から1時間掛からない。変に実家から他の大きめな24時間対応の病院に行くよりも、いつもの病院に行ってしまったほうが早いかも知れない。しかし、1時間はけっこう長い。なので実家の近くで応急処置だけでもしていただきたく…いつもの病院で通院ヒストリーや薬のことなどを書いていただき、その用紙を父母に渡してある。それを地元の先生に渡して、何かあったら主治医の先生に連絡をとっていただくのが良いと思っていたが、それぞれが動揺してしまって、結局は近くにいないもの同士が連絡を取り、近くにいる人に伝えるという二度手間、三度手間のようなことになってしまった。

父母は実家にいれば発作は起きない、発作が起きるのは東京でストレスを感じながら生活をしているからだと思っていた。
前にも実家で発作があったが、そのときは私がいた。

父は強がりで、何を言っても「分かってる」「分かってる」と何かにつけて言い、私の言うことは全く聞こうとしない。あまり言うとケンカになるので、私は何かあったら直ぐに私に電話してと伝え、やるべきことの順序を紙に書き、「病院の行き方とか、父母できちんと予習しておいてよ!」とだけ言っていた。それも良くなかった。
家族みんながうさぎの病気を理解し、こんなときはこうしたら良いと話し合い、きちんとシミュレーションしておく。それ以外何もないと思う。それが一番大切なんだって、いまさらながら実感した。

ほんと、いまさらながら。。

うさぎが退院したら、皆できちんとシュミレーションをしようと思う。

そう、まさに、

備えあれば憂いなし!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中