精算と桜

うさぎがお星様になってから一ヶ月とちょっと…
未だうさぎがいないという実感がない。まだ実家に、病院に、どこかにいるような気がしてしまう。
気を抜くと、涙が止まらなくなる。
こんなに涙って出るんだな…と思うほど涙が出る。会いたいよ。

3/14日(土)
うさぎの死後、三週間。やっと入院費などの精算が終わった。
死後、一週間した頃に病院から明細書と振込用紙が送られてきて、なんとなく内訳を見てみた。見ると、かなり多くの処置料がチャージされていて、「???」と思うようなことが多々あって、以前の明細書と見比べてみた。症状が違うので処置も違うのは当然だとは思うが、実際に処置されていなそうなものが幾つかあったので、病院で計算し直してもらった。

計算し直してもらうと、何時何分に何の注射をしたかなども明確になり、「これ…注射しすぎじゃない?」とか、私が毎日行っていたのに知らされていない処置、、飲んでもないお薬のお代などなど、よく分からないことが出てくるわ出てくるわ。。なんだか悔しくて、また涙が出た。

結局、最初の請求よりだいぶ安くなって、院長自ら深々と頭を下げられ終わり。

ここの病院は、人間でいうところの徳洲会のような?個人病院のとっても大きな病院。
私が後悔しているのは、この病院だけではなく、元気なうちに大学病院などのより多くの症例をみてきている専門家にうさぎを診てもらわなかったこと。脳炎や脳神経専門の先生に一度でも診てもらい、MRIも診てもらっていれば…脳炎だったのか脳腫瘍だったのか、もう少しハッキリしていたかも知れない。
うさぎの主治医の先生は循環器系の専門の先生だったし、主治医の先生が移動になった後に診てもらっていた院長は外科。やはり、100%お任せじゃなく、普段はこの病院でも、きちんと大学病院にも行くべきだったと思う。すごく後悔。。

精算の時に、院長先生に約1ヶ月胸の中で悶々としていたことを聞いてみた。脳腫瘍だったのかも知れないなんてことはない?って。
可能性は捨てきれないと言われた。ワンコは腫瘍マーカーがないし、MRIはコントラストだから、結局のところ脳炎というのも予想でしかなくて、もしかしたら脳腫瘍だったということもあったかも知れないと。本当に典型的な腫瘍であれば分かるんだけどね…と言われた。
先生が正直に答えてくれて、なんだかホッとした。うさぎも私も、すこし救われた気がした。

先住犬のさくらは、このところよく うさぎの愛用していたドーム型ベッドの前でワンワン吠えてみたり、毛布の下を探してみたり、さくらもたぶん、私と一緒でうさぎがまだ何処かにいる気がしているのかも知れない。

私はまだ、何をして良いのか分からず…とりあえず、フォトブックを作った。選びきれないので一年ずつのブックにした。それでも選びきれなくて。笑
今回選ばなかった写真で、また別のフォトブックを作ればいいかな。。なんて思いながら、昨日やっとオーダーし終わった。

小さな頃からの写真。かわいい写真がたくさん出てきた。写真を見て笑って泣いて、やっぱり気持ちが抑えきれなくなる。うさぎが大好き過ぎて。

usaku_2014

↑↑ 去年の週末、マンションの向かいの運河沿いの桜を見に行った写真。

usagi_2011

↑↑ 2011年のお花見の写真。

桜は毎年一緒に見に行っていた気がするのだけど、桜と一緒に写っている写真が残っていたのはこれだけかな。。探せばあるかも??

今年も一緒に行きたかったなー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中